<< main >>
石の色とエネルギー

こんにちは!  お元気ですか?

朝、夕とても過ごしやすくなりましたね。

 

さて、今日のテーマは”色”についてです。

色って何?色ってなんだろう?と思ったことはありませんか?

 

赤、青、黄色、緑、金、銀、茶色、黒・・・・まだまだたくさん

数えきれないほどの色が私たちのまわりに有ります。

「何でこんなに色があるんだろう」と思いませんか?

 

そこで、今日は色について考えていきたいと思います。

 

 

 

この写真は、前回ご紹介した白神、十二湖の”青池”です。

青くて、きれいな池と感じる方、多いと思います。

 

これを「青い」と感じるには、この写真から出ている「光」を目で感じ

 

脳で「青い」と感じて初めて「青い」と言うことを認識するのです。

 

「色」は「光」の「波」としての性質からくる現象の一つなんです。

 

「色」が違って見えるのには、「波長」と言うものが関係してきます。

 

「波長」は「波の長さ」のことです。この波の長さによって、その光の持つ

エネルギーが違ってきます。

 

「光」の持つエネルギーが違うから、「光の色」が違うと言う事になります。

 

ちょっと、難しくなってしまいました、簡単にいえば「色が違う=光の波長が違う」

と言う事なんですね。

 

つぎに、重要なことは「どんな波長でどんな色が見えるのか?」と言う事です。

 

私たちが目で見える色のことを、可視光と言います。基本は虹の色ですよ。

 

 

これが、「虹」の色なんです。全部で何色ありますか?そうです「七色」です

 

一般的に「可視光線」と呼ばれています。

 

目で見える色の基本は

「波長」の短いほうから紫色ー>藍色ー>青色ー>緑色ー>黄色ー>橙色ー>赤色

となります。

 

ここで、疑問を感じた方いらっしゃると思います。

「黒色」や「白色」は色では無いんでしょうか?

 

黒も白も色なんですがその出来方が基本の「七色」とは異なります。

今日は黒と白について考えてみたいと思います。

 

まず、「黒色」ですが、黒と言う色は赤から紫までの全ての可視光線が物体に吸収され、

反射される「光」が無い状態を指します。

 

絵具の三原色の黄色、赤色、青色を混ぜると黒になります。これを「減色法」と言います。

 

黒色のもつイメージは重厚さ、安定感、高級感、力強さといったもので、地に足がついた

現実的な生き方を示唆しています。

 

また、精神的な世界への誘いも暗示しており、大地からのエネルギーを吸収する助けともなるでしょう。

 

反面、黒は不安、恐怖、圧迫、威圧、絶望といったマイナスのエネルギーも持ち合わせています。

 

黒い石として代表的なのが

 

【黒水晶(モリオン)】ですね。

 

 

高い価値を持つ漆黒の水晶は、「幻の水晶」とも呼ばれ、特に高い浄化力と、負のエネルギーを消し去る

 

パワーは、数あるパワーストーンの中でも別格といわれています。風水発祥の地、中国では

 

魔を消し、邪気を祓う石として、気を整える強力な力が支持されています。

 

怠惰な気持ち、妄想癖等を改善し精神を強化、悪い干渉を遮断し、秘められた能力を開花、

 

自分の進むべき道を認識させます。男性パワーの強い石ですので、頼もしい守り神となるはずです。

 

 

これは、【ブラックオニキス】で出来た「勾玉」です。

 

オニキスは瑪瑙の一種で黒瑪瑙が広く流通しています。

 

オニキスは冷静と知性を象徴するパワーストーンで、目標を達成させるために、

 

強くサポートしてくれます。

 

古代から、邪悪なものをはねのけるエネルギーを放つ守護石として大切にされてきました。

 

その他にも黒い石としてはヘマタイトやブラックスピネル、ブラックトルマリンなどがあります。

 

 

【透明・白色】について

 

 透明や白色は色がないことを想像しがちですが、実際はその逆なんです。

 

「透明」や「白色」は可視光線の全ての色が合わさってっ出来ているんですね。

 

「透明」と「白色は」光の三原色の赤色、緑色、青色を合わせると白色になります。このことを

 

 「加色法」と言います。

 

つまり、透明や白色には全ての色のエネルギーが閉じ込められていると言えま

 

これは、白色になる過程で強力な「浄化作用」を示唆し、「白色」や「透明」の波動は

 

清潔、無垢、革新、絶対、という汚れを寄せ付けない清浄なエネルギーで満たされていくのではないでしょうか。

 

水晶に強烈な浄化作用があることもこのことから理解できます。

 

ただ、マイナス波動としては無、不確か、空虚、といったものもあります。何をしても

 

手ごたえがない時等は、このエネルギーに支配されている状態と言えますので、そんな時は自分の

 

心の雑念を祓い、気分をリセットしてから使うようにしましょう。

 

「透明・白色」パワーストーンとして代表的なものが水晶ですね。

 

 

水晶は、数千年の昔から人間の精神を高め、集中力を増強させる力を持つ、ただ一つの石であり

 

「神秘的なものを感じさせる石」として、「ダイヤモンド」や「その他の石」と区別され、神秘的

 

なもの、霊的なものとして、また、開運のため使われてきました。

 

それは、その設置した場所を浄化する能力が、極めて高いと言われるからです。

 

水晶の多くは石英質の岩の上からいくつもの結晶が群生して育っていきます。この様な原石は

 

クラスターと呼ばれています。一般に手にする水晶はこのクラスターから分離された物で、

 

鉛筆の芯くらいの細い物から、大きい物では高さ1,5m、周囲1mにもなる巨大なものまであります。

 

水晶の基本形は六角柱状でこの先端にエネルギーが集約されると同時にエネルギーを放出すると言われます。

 

「白色」の代表的なパワーストーンはムーンストーンです。

 

ムーンストーンは古代から再生、豊かさ、予知、願いを叶える「幸運の石」として崇められ、月の

 

満ち欠けによって輝きや大きさが変化するとされ、月との関連が深いことでしられています。

 

ヨーロッパでは、闇夜を照らし、進むべき道を守る「旅人の石」として、安全祈願に持参したとも言われています。

 

月は女性の象徴。ムーンストーンには月の女神のパワーが宿ると言われ、月の満ち欠けにも影響される

 

繊細な女性の生理的サイクルにも働きかけ、ホルモンのバランスを整え、情緒を穏やかに支えます。

 

その結果、内面の美しさが輝き、若々しく、自分らしい魅力が目覚めるのです。

 

女性にとって最高の守護石といえるでしょう。

 

 

 

 

 

ムーンストーンで出来たブレスレットを二つご紹介しましたが、本当に素敵ですね。

 

黒と白について如何でしたか。?

 

次回は、いよいよ「可視光線」に入っていきますが、最初にチャクラとその色、エネルギー

 

そして、チャクラにリンクするパワーストーンについてのお話です。

 

お楽しみに。

 

              インフィニティ  店長ブログ

           

                

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12:00 | comments(0) | - | pookmark
スポンサーサイト
12:00 | - | - | pookmark
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Entry

Category

Archives

Profile

Comment

Link

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links

無料ブログ作成サービス JUGEM